日誌

2022日誌

伝統的な 本校の朝の登校の様子

 本校では、登校時一列に歩く伝統があります。

 当たり前かと思われるかもしれませんが、それが徹底していることに驚きでした。

 校庭を通って集会所、そして昇降口に向かいますが、すべてきちんと一列で歩いています。

 そして、昇降口では、横に一列に並んで6年生の当番と朝のあいさつをするのです。

 花丸すばらしい伝統です。花丸

 まさに「あいさつの響きあう学校」です。

 子どもたちは、当たり前にやっていることかもしれませんが、いろいろな学校を知っている教職員にとっては素晴らしい伝統だと思っています。

 そのすばらしさを子どもたちにも伝え、今後も続けていってほしいと願っています。

グリーン活動を行いました

 昼休みにグリーン活動を行いました。

 各学年ごと、割り当てられた場所を工夫して活動していました。

 学校をきれいにするため、子どもでも全校生のパワーはありがたいです。

 来週は、授業参観、PTA総会等がありますので、できるだけきれいにしてお客さんをお迎えしたいと思います。

6年生が1年生の給食配膳の手伝いをしています

 6年生が1年生の給食配膳の手伝いをしてくれています。

 6年生も1年生の時には同じように昔の6年生に手伝ってもらっていたのでしょう。

 自分が優しくしてもらった分、他人に優しくしようという気持ちは、人間にもちあわせているのだと思います。

 1年生も、お兄さん、お姉さんの優しさに笑顔でした。

 6年生は、任せられた仕事に対し、意欲的に取り組むことができていました。

 高学年になると、仕事を任せることを意識して指導します。

 そうすることで、自分が信じられていると自覚し、モチベーションがあがるのだと思います。

 失敗という経験を積み重ね粘り強く成功する達成感を、ぜひ、味わってほしいです。

本日の下駄箱の靴そろえチャンピオン

お祝い本日の下駄箱の靴そろえチャンピオンです。

 本日は6年生をチャンピオンと認定します。

 高学年になると靴が乱れがちになる傾向があるんですが、本校の6年生はすばらしいです! 

 本校の合い言葉である「あしゅ」の「」は「つそろえ」です。

 今後も継続して心がけ、全校生の手本になってほしいです。

 

英語のALTの先生が変わりました

重要 今年度から、ALTを派遣してくれる会社が変わり、それに伴いALTも変わりました。

 通常、本校所属の三島教諭と2人のALTで英語教育を進めていきますが、本日はALTが1名ということですので紹介します。

 サトミ・ナカバヤシ先です。一見、日本人のように見えますが、フィリピン出身の先生ですので、どうぞよろしくお願いします。

 向かって左側が新しいALT サトミ・ナカバヤシ先生です。