学校の様子

思春期教室

 6年生を対象に、思春期教室が開催されました。

 思春期における体と心の変化、乳幼児の成長を理解することで、命の大切さについて学びました。

 子どもたちは、針の穴ほどの大きさの受精卵から、誕生するまでの成長の様子に驚いていました。

 赤ちゃん人形を抱っこし、命の重みを実感したようです。

 自分自身はもちろん、まわりの人を大切にし、尊重し合い、適切な判断や行動選択ができる大人になってほしいと思います。