運動会

カウンタ

COUNTER470826

過去の日誌が検索できます

各種文書ダウンロード

印刷してご利用ください
検索検索



6月の行事予定

 1日 5時間一斉下校
 2日 運動会
 4日 運動会振替休日
 6日 内科検診(5年、なかよし)
   給食訪問(2-1)
 7日 全校一斉漢字テスト
   4年校外学習(保健衛生性センター)
   給食訪問(2-2)
   人権の花贈呈式
 8日 臨時日課(13:05一斉下校)
11日 PTA実行委員会
12日 音楽鑑賞教室
13日 新体力テスト1、2年
   心臓検診(二次)
   小児貧血検査
14日 歯科講話
   1年訪問おはなし会
15日 新体力テスト5、6年
   委員会活動5、6
18日 新体力テスト3,、4年
   腎臓検診(再回収)
19日 心臓検診(三次)
22日 クラブ活動④
25日 給食訪問(3-1)
25~27日 臨海自然教室(5年)
28日 認知症サポート養成講座(4年)
   セレクト給食
29日 クラブ活動⑤
   給食訪問(3-2)
 

学校情報

那須鳥山市立鳥山小学校
〒321-0629
栃木県那須烏山市愛宕台2800
TEL:0287-82-2049
FAX:0287-84-3025
E-mail:karasuyama-e00@nasukarasuyama.ed.jp
 

QRコード

スマートフォンや携帯電話からもご覧になれます。
携帯のQR コードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

校長あいさつ

                    那須烏山市立烏山小学校長  小泉 浩
                                                                                
 このたびは、烏山小学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 烏山小学校について紹介させていただきます。

 本校は、明治6年5月1日に維新学校、済民学校として開校し、今年度で創立145周年を迎える歴史と伝統を誇る最も古い学校の一つです。今年度は4月11日の入学式に62名の新入生を迎え、児童総数432名でスタートしました。

 本校では、校歌の一節にもある「至誠一貫 勤労努力 協同一致」の合言葉のもと、教職員が心を一つにして「心豊かでたくましく、知性と実践力に富んだ児童の育成」に努めているところです。その実現には、子どもが居がいを感じ、生き生きと楽しく学習や諸活動に取り組む、明るく活気ある学校づくりが重要だと考えております。家庭や地域の信頼と支援をいただくなかで、誰もが夢や希望を抱き、喜びとやりがいをもって生き生きと生活し、個々の力を伸長できる楽しい学校づくりを目指してまいります。

 全職員が子どもたち一人一人の更なる成長のために尽力してまいりますので、保護者や地域の皆様には本校の教育活動に深いご理解と、温かなご支援・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 本ホームページで学校から情報を発信することで、保護者や地域の皆様との連携を密にし、健やかな児童の育成に励んでいきたいと考えております。どうか今後とも本校への温かなご支援、ご協力をお願い申し上げます。

 また、学区ばかりでなく広く、多くの方にも情報を発信することで、本校の在り方を探っていきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。
 

日誌

校長室から
1234
2018/06/15new

校長室から 県民の日

| by:烏山小学校管理者
今日は、県民の日です。
栃木県公式ホームページよりhttp://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/education/bunka/ivent/h286tuki15niti.html

県民の日について、次のように書かれていました。
 県民一人ひとりが、郷土を見直し、理解と関心を深め、県民としての一体感と自治の意識をはぐくみ、より豊かな栃木県を築きあげることを期する日として、6月15日が「県民の日」として制定されました。  
 この日は、明治6年、栃木県と宇都宮県が合併し、おおむね現在と同じ県域の栃木県が成立した日です。

明治6年は烏山小学校にとっても記念の年です。
烏山小学校は、明治6年5月1日に維新学校、済民学校として開校されました。
今の栃木県は、明治6年6月15日に成立ですから、烏山小学校誕生の方が少しだけ早いことになります。
08:24 | 投票する | 投票数(2)
2018/06/07

校長室から 人権の花

| by:烏山小学校管理者
本日昼休み、人権擁護委員の3名の皆様と市町づくり課の方が来校し人権の花贈呈式が行われました。
いただいた人権の花はベコニアです。
子どもたちには、人権の花は「やさしさの花」「思いやりの花」だということを話しました。
そして、ベコニアの花言葉も伝えました。
赤色のベコニアの花言葉は、「公平」です。
白色のベコニアの花言葉は、「親切」です。
ピンクのベコニアの花言葉は、「幸福な日々」です。
いただいたベコニアは職員室前の花壇に植えます。
各教室にも飾ります。
この花を見るたびに、児童の心の中にも、優しさいっぱいの思いやりの花を咲かせてほしいと思います。

14:00 | 投票する | 投票数(4) | 今日の出来事
2018/05/29

校長室から 「ロウソクの火」

| by:烏山小学校管理者
 大学のアメリカンフットボールの試合で起きた事件では、スポーツの指導者の在り方を考える契機となりました。
ネットニュースの記事に印象に残るものがありましたので記事の一部を紹介します。

勝利の近道は、「面白さ、楽しさ」伝えること 関学・小野Dのアメフト論が脚光浴びる
https://news.infoseek.co.jp/article/20180528jcast20182329819/ より引用

 アメリカンフットボールの悪質タックル問題で被害を受けた関西学院大学アメフト部が開いた会見では、問題そのものへの対応はもとより、小野宏(ひろむ)ディレクターが語った指導者としての心構えにも注目が集まった。

 「闘志は勝つことへの意欲だと思いますし、それは外から言われて大きくなるものではないと思っています。自分たちの心の中から内発的に出てくるものが一番大事ですし、それが選手の成長を育てるものです。その一番根源にあるのは、『フットボールが面白い、楽しい』と思える気持ちです。」

 「我々がコーチとして一番大事なのは、選手の中に芽生える楽しいという気持ち、これは『ロウソクの火』みたいなもので、吹きすぎると消えてしまいますし、大事に、少しずつ大きくしないといけない。そっと火を大きくするような言葉も大事でしょう。内発的に出てくるものをどう育てるかが、コーチにとって一番難しい仕事だという風に思っています」

 この文章を読んだときにすぐに浮かんだのが学校の教育にもあてはまるという思いをもちました。コーチが先生で、選手は児童です。児童の心の中に「ロウソクの火」を灯してそっと大きくするような言葉を掛ける。吹きすぎると消えてしまい、大事に少しずつ大きくしないといけないものです。児童の心の中に、「学校の勉強が面白い、楽しい」と思える気持ち「ロウソクの火」を育てていくのが学校の役割だと感じました。


15:39 | 投票する | 投票数(5)
2018/05/22

なかよしの花をいただきました

| by:烏山小学校管理者
なかよし学級では、毎年「なかよしの花」を育てています。
「なかよしの花」はゼラニウムです。
ゼラニウムの花言葉は、「尊敬」「信頼」「真の友情」だそうです。
「なかよしの花」は全学級にも送られました。
友情の証としていつまでも大切に育ててほしいです。
 
08:57 | 投票する | 投票数(4) | 今日の出来事
2018/05/10

校長室から 下校時の安全確保について

| by:烏山小学校管理者
新潟県での下校時における小2児童の殺害というたいへん痛ましい事件が起きました。
登下校班から一人離れて自宅に向かう途中に襲われるという今市事件を思い出させる事件です。
この事件を受けて本校でも下校時に一人になる児童を再確認しました。
下校時に一人になる児童のご家族の皆様には、お迎えや見守りなど児童の安全確保にご配慮をお願いします。
児童には、不審者に対する合い言葉「いかのおすし」を再確認します。
地域の皆様におかれましても、児童の下校時間前後に犬の散歩をしていただくなど児童の下校の見守りをしていただければ幸いです。
地域の皆様の温かい見守りをお願いいたします。

07:52 | 投票する | 投票数(4) | お知らせ
1234