新着情報

校長室から

社会に貢献する自立した人間

◆社会に貢献する自立した人間◆
 本校の子供たちには、「1年後の自分像を描き、どんな人に成長していたいか、何が出来るようになっていたいか、具体的な目標を立てて、粘り強く努力をしてほしい。」また「自立した人、つまり自己実現力を身に付けるために、自分がやりたいことを自分で見つけ、自らどんどんやっていってほしい。」と繰り返し伝えているところですが、その根底には、「社会に貢献する自立した人間」へと成長してほしいという、強い願いがあります。それは、本校の校訓である「自立共生にもつながる考え方です。
 当たり前ですが、何かに挑戦することがなければ失敗をすることすらありません。先ずはチャレンジすること、その意思、そして意志を持つことが大切です。たとえ失敗し挫折感を味わったとしても、自分が目指し頑張ってきた結果なら、その体験はその後必ず生きると考えるからです。そしてその体験を経験へと昇華させ、自分の人生に生かしていくべきなのです。
 社会に貢献し、自立した存在になるためには、自分の考えを持ち正しく表現すること多様な知識を習得しそれらを活用して教養を深めることが肝要です。子供たちにはうまくやるより、試行錯誤を重ねながら得られた結果を受け止めて改善策を探っていける人となってほしいと願っています。
 創生祭体育祭などの行事は、学年を超えて生徒が企画・運営する一大イベント。予期しない変化に対応する柔軟性を身に付けるとともに、他の人の意見を理解して協働できるようにもなる格好の機会です。
 昨年度の子供たちの様子を見ていると、コロナ禍における新しい様式での学校教育活動が求められ、様々な制約や制限が余儀なくされる中、実施できそうな種目やルール、内容を教師の支援を受けながらも生徒自らが考え、実践していました。また体育祭の花形種目であり、本校の伝統となりつつある「南中ソーラン」においても、その練習の時間、内容を生徒自ら(生徒会役員や3年生が中心となり)が発案し、全校性が一体となって実践している姿に感動を覚えました。ひとつのものを成し遂げようと、子供たち知恵を絞っている姿を見ているとリーダーは育てるものではなく、自然と生まれるのが正しいんだなと感じます。(教師はその環境を整えること、必要に応じて「意図的なしかけ」と必要最小限の支援、言い換えれば「導き」は必要なのですが)。得意なことがそれぞれ違う者同士が集まっているから、先頭に立つ人、それを支える人が場面によってコロコロ変わる。人と交わるなかで、どんどん失敗したっていい。これこそが学校教育の醍醐味です。そう意味で、「目指す生徒像」に「自立」というキーワードを掲げ取り組んできた、昨年度の教育活動は一歩前進したと考えています。
 本年度はさらに前進できるよう、新たな「しかけ」を試みますそれは、「全校縄跳び大会」や「全校リレー大会」、「全校写生大会」(これは参考例で、実施する種目は子供たちに考えてもらいます。斬新なアイディアが挙がることを期待しているところです。)など、子供たちが企画、運営するイベントを教育活動に位置づけ、実施していこうと考えています。そのことで、うまくいって感動し、自信へつなげ、時に失敗し、挫折感を味わいながらもその体験(経験)を次に生かす、また友達と意見が対立し、腹が立ったり、納得がいかなかったりしながら、落としどころを見つけていくなど、調整力を養っていく。その過程で子供たちが自己の得意分野を生かし、協力し合って、新たな自己を発見していく。そんな活力ある学校を目指しています。
 子供たちが卒業するときに「この学校でよかった」と思えるようにするためには、本校に集う子供たち自身の力が大切です。それをしっかり支える教職員、そして保護者や地域の皆様の協力が必要なのです。目の前の小さな目標達成に向けて努力を積み重ねていく先(未来)には、結果として、志望校への合格があり、最終的に求める「社会に貢献する自立した人間」への道があるのですから

ちょっと一息(お勧めの1冊)

◆吉本 ばなな『TUGUMI(つぐみ)』◆

●本日紹介するのは、吉本ばななさんが著した『TUGUMI(つぐみ)』です。●『キッチン』に続く第2作目で、山本周五郎賞を受賞しています。●作品は、12の連作短編集となっていますが、どこから読んでも楽しめる1冊ともなっています。●主人公は著書のタイトルともなっている「つぐみ」。●その「つぐみ」は病弱で長くは生きられないと宣告されています。●その「つぐみ」の姿を従姉妹の「まりあ」の視点で描いたエッセイ的要素を含ませた作品です。●実は「まりあ」にも、ちょっと訳ありの複雑な家庭事情があるのですが、その悲しさも辛さも垣間見せていません。●この作品の魅力には、このような構成の妙によるところも大きいのです。●「まりあ」は「つぐみ」が表出した言葉を語ります。行動を語ります彼女が目にした「つぐみ」の姿として物語が展開するのです。●また「まりあ」は「つぐみ」の心を、考えを、そしてその思いも語るのですが、それはあくまで「まりあ」を通した「つぐみ」の虚像です。●だから、時としてその「つぐみ」像は見事に裏切られます。●またそれは同時に、私たち読者が「つぐみ」に裏切られ、驚かされることにもなるのです。●では、吉本ばななさんの『TUGUMI(つぐみ)』を少しだけ紹介します。
●「つぐみ」の実家である旅館に「まりあ」が身を寄せます。ある一夏のことです。●「つぐみ」は容姿端麗ですが病弱で、小さい頃から甘やかされて育ちます。●「つぐみ」は「食うものが本当になくなった時、あたしは平気でポチを殺して食えるような奴になりたい。」と語る、ちょっと言葉が悪く、粗野で傍若無人な女の子です。●でも、強烈すぎる強さは、儚くて危ういものです
●我儘で自由奔放で癇癪もちの「つぐみ」の物語。●弱い身体に余る程の強い気性で家族にも誤解されている「つぐみ」の物語。●「つぐみ」、「まりあ」、「陽子」、「恭一」4の人が織りなす、一夏の青春物語。●夏の海辺の街が、そしてそこを歩く4人の姿が、その情景が脳裏に浮かぶ物語。●「つぐみ」と「恭一」の淡く、儚い恋の物語。●「恭一」の飼っていた「権五郎」という犬の連れ去られ事件。●その事件を発端とした、「つぐみ」の復讐劇。●そしてのその復讐劇の頓挫「つぐみ」の生と死。●病弱な少女から少しだけ大人へと成長していく切なく透明な物語。●「つぐみ」の純粋さと捻くれた優しさに気づく「まりあ」の物語
●「つぐみ」は、どこまでも真っ直ぐで、それでいて儚く消えてしまいそうな女の子です。●まるで「生の時間」とは別の場所にいるようで、なんとも不思議な雰囲気をもつ「つぐみ」に、機会がありましたら触れてみてはいかがでしょうか。

八代亜紀さんの言葉

◆歌手の八代亜紀さん◆

●本日は、歌手の八代亜紀さんのインタビュー記事から「ありがとう」の言葉について、八代亜紀さんの言葉や内容のさわりを紹介いたします。
●昨年、歌手デビュー50周年を迎えた八代亜紀さんは、1971年に歌手デビューし、「なみだ恋」の大ヒットを皮切りに、1980年「雨の慕情」で日本レコード大賞を受賞するなど、数多くのヒット曲を世に出しています。また絵を描く才にも長けておりフランスの「ル・サロン」で5年連続入選を果たし永久会員ともなっています。
●八代亜紀さんは「ありがとう」と言う言葉は、本当に良い言葉で、この言葉に元気をもらって、50年間をやってきました。「ありがとう」と聞くと、言った方も言われた方も元気になるし、「よし、またがんばろう」という気持ちになるので、たくさんの「ありがとう」を言葉にするようにしているんですと語っています。●下積み生活の2年間は、日々思いトランクを引きずり手にマメを作りながら、知らない街から知らない街へと移動しては、歌を歌い、そしてレコードを1枚、1枚、手売りしていたそうです。●ある時、次の街へ移動するため、がらがらの始発電車に乗って、トランクを前に抱え、両脇に大きなバックを2つ置いて座りましたが、疲れのためか、泥のように眠ってしまったそうです。●目が覚めたときには朝の通勤ラッシュの時間帯で、電車は超満員の寿司酢目状態。そんな中、八代さんは何人分もの席を占領してしまっていたのです。●しかし、誰からも「どけ」などと、きつい言葉を浴びせられることはありませんでした。●それから数年後、「あの時、トランクを抱えて寝ていたのは、八代さんではなかったですか?疲れているのだから寝かせてあげようと、みんなで言い合っていたんですよ。」と言う、手紙をいただいたそうです。●心がほっこりと温まる逸話です。●八代さんは、下積み生活のような苦しい日々の中であっても、良いことがひとつくらいはあるものです。十のうち九つ嫌なことがあっても、ひとつ良いことがあれば、そちらに「ありがとう」と言いたいと述べています。●また、「なみだ恋」の大ヒットでスターへの階段を上り始めた八代さんは、「百万枚のヒットなんて、親戚がどれだけ買っても無理。見ず知らずの方、一人一人が買ってくださったのだから、感謝するんだよ。」と言う父親の言葉は、本当にその通りだと感じたそうです。●ホームレスの方に毎日、ご飯とお風呂を用意した両親。ご近所さんにお裾分けをよくしていた両親。そういう両親の姿から、物事の良い面に目を向ける、感謝しようという思いが強くなったとも八代さんは語っています。
●八代亜紀さんのインタビュー記事の内容から、「ありがとう」と言う言葉を素直に、そして心から発することのできる人とは、苦楽ある人生を前向きに捉えることができる人であり、物事の本質(深層)に目を向け、「感謝」の心を持つことができる人なのだと、改めて感じたところです。

令和4年度のスタートに当たって

◆令和4年度のスタートに当たって◆

 本校は「自立共生」を校訓とし、多くの皆様のご支援、ご協力により、本校ならではの良き雰囲気校風ができています。改めて、保護者の皆様、地域の皆様、そして関係諸機関の皆様に感謝申し上げます。

 本年度の本校における「目指す生徒像」「自分でやりたいことを自分で見つけ、自らどんどんやっていく自己実現力を備えた生徒」です。
 始業式、入学式で生徒には、この1年間で、自分ができるようになりたいこと、成果として残したいことなどを考え、1年後の成長した自分の姿である「自分像」をしっかりと思い描いてほしいと伝えました。
 生徒一人一人が改めて自己見つめ直し、自分にとってふさわしい「自分像」を思い描いてほしいと強く願っています。そのことは、自分がやりたいことを、自分で見つけ、自らどんどんやっていくと言う、自分の人生を自らの力で切り開くことのできる「自己実現力」を備えた生き方の礎となるとともに、様々な場面で、的確に考え、判断することのできる「主体性」のある生き方、「自立した人」へと、つながっていくはずです。
 そして生徒たちには、1年後の「自分像」が描けたら、それを実現させるために、少し頑張ればできそうな小さな目標、それもより具体的な目標(いつ、どこで、何を、どれくらい)を設定することで、「自分像」を達成させるため計画を自ら立てる必要があることも伝えています。
 具体的な目標を持つことは、少しくらい大変でも、もしサボりたいと思う気持ちがわき上がっても、やらなければならないことがはっきりしているので頑張れるものですし、「自分が決めたこと」で、誰かに「やらされている」のではないので、自らどんどんやっていくエネルギーにもなるものです。
 より具体的な目標を立てることで、達成状況について、何ができて、何ができていないのか、さらに努力しなければならないことは何かを、その都度、その都度、適切に振り返りながら、努力を継続することを期待しています。時には失敗もあるかもしれません。でもあきらめず、目標に向かって努力を続けてほしいのです。
 令和4年度のスタートに当たり、「自分像」をしっかり思い描くことで、生徒一人一人が頑張りたいと思っていることを明確にして、具体的な目標を立て、うまくいかないことがあってもいいから、粘り強く、継続して取り組んでいく、そんな1年間となることを期待しています。
      

教職員には、「目指す生徒像」の実現に向けて、
 1「自律性自分像達成に向けての自主的な取組への支援とメタ認知への誘い)」
 2「有能性やればできる、自己能力の目覚めという新たな気付きへの導きと支援)」
 3「関連性努力の過程、成果の承認と第三者との関係性構築)」
の3つの言葉をキーワードとして「主体性」を醸成できるように声をかけています。
 そのためには、教師のいを明確にし、その思いを継続して信し、時に触れながら自らの取組、生徒の姿をり返り評価すること、そして適宜に助言と支、見守りを行うことで、生徒一人一人が自己の「自分像」を実現できるよう取り組んでいくことを確認しました。

                     那須烏山市立南那須中学校長 藤田 繁

創作四字熟語2

◆創作四字熟語2(住友生命保険)◆

今年の世相を表現する「創作四字熟語」の第2弾です。今回は、入選作品をいくつか紹介します。

世望接種(よぼうせっしゅ)【予防接種】
世界中の人たちが望んだワクチンが実用化され、接種がようやく可能になりました。紆余曲折はありましたが、日本でも12歳以上の希望者は2回、接種することができました。

延急事態(えんきゅうじたい)【緊急事態】
今年も感染症予防対策による緊急事態宣言が繰り返し出されました。度重なる延長に、またかとあきらめの境地に陥った方も多かったのでは?

救急搬捜(きゅうきゅうはんそう)【救急搬送】
コロナで病床が逼迫し、救急車が患者の搬送先を捜すのに困難を極めるという、今まででは想像もできなかった事態が現実に起こりました。

普宙旅行(ふちゅうりょこう)【宇宙旅行】
前澤友作さんが宇宙から無事帰還されました。金持ちだけでなく普通の人も宇宙へいく時代は来るのでしょうか。数年後には600万くらいで行けるという話もあるのですが。

価格携争(かかくけいそう)【価格競争】
管前総理による肝いり事業。携帯電話各社が競って新プランを出し、値下げを実施しました。若者や単身者には嬉しい値下げプランでしたが、ファミー割などを活用している方には恩恵があまりなかったようですが…。

結源恥婚(ゆいげんじつこん)【有言実行】
新垣結衣さんと星野源さんの結婚に、世の中は「逃げ恥婚」だと騒ぎました。

雅翔連婚(がっしょうれんこん)【合従連衡】
嵐の相葉雅紀さんと櫻井翔さんが揃って結婚を発表しました。

三冠四願(さんかんしがん)【三寒四温】
棋士の藤井聡太さんの勢いが止まりません。タイトル三冠達成です。次のタイトル戦も勝利し四冠達成を願うファンを多いのでは。

全認二刀(ぜんにんにとう)【前人未踏】
大リーガー(エンジェルス)大谷翔平選手は投手と打者の二刀流で大活躍。日本人としてはイチロー選手に次ぐ、MVPを獲得しました。誰もが認める二刀流の活躍でした。

英樹颯爽(えいきさっそう)【英姿颯爽】
ゴルフの松山英樹選手がマスターズ・トーナメントで初優勝しました。

銀籠感謝(ぎんろうかんしゃ)【勤労感謝】
オリンピックでバスケットボール女子が、史上初の銀メダルを獲得しました。

国枝無双(こくしむそう)【国士無双】
パラリンピックで車いすテニスの国枝慎吾選手が、実力を発揮し、金メダリストになりました。無双の強さです。

創作四字熟語

◆創作四字熟語(住友生命保険)◆

住友生命保険が、今年の世相を表現する「創作四字熟語」を発表しました。本日はその優秀作品を紹介します。「創作四字熟語」は、今年の世相を4文字で表現する住友生命保険の恒例行事となっています。皆さんも「創作四字熟語」に触れながら、今年1年の世相を振り返ってみてはいかがでしょうか。

七菌八起(ななころなやおき)【七転八起】
新型コロナウィルス感染症が収まったかと思うと再び拡大するという状況でした。「リバウンドがあってもコロナに負けずに起き上がろう」という思いが込められていますね。
大学新試(だいがくニューし)【大学入試】
高校では「情報」という新たな科目が来年度からスタートし、いずれ入試科目に加えられる予定だとか。今後も大学入学共通テストは変わっていくようですが、とりあえず新しい大学入学共通テストが始まりました
海遷山遷(うみせんやません)【海千山千】
オリンピック、パラリンピックの開催により、今年も海の日、山の日などの祝日が移されました。カレンダー制作時にその変更が間に合わず、祝日を勘違いしていた人が多数いたとかいないとか。
二者卓逸(にしゃたくいつ)【二者択一】
難敵である中国選手を撃破しての卓球混合ダブルス優勝。水谷選手と伊藤選手は頭抜けた「二者卓逸」でした。
引退鵬道(いんたいほうどう)【引退報道】
長きにわたり横綱の地位を守り、数々の記録を残すとともに、一人横綱として角界を牽引してきた白鵬関が引退しました
気象価値(きしょうかち)【希少価値】
気象学者で初めてノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎先生。真壁先生の研究に「気象価値」ありです。
郵休二日(ゆうきゅうふつか)【週休二日】
土曜日の普通郵便配達がなくなり週休2日になりました。
双子総愛(そうしそうあい)【相思相愛】
6月に上野動物園で双子のジャイアントパンダ、雄のシャオシャオ(暁暁)と雌のレイレイ(蕾蕾)が誕生しました。現在体重が10キロを超え、動きに切れが出てきたそうです。二人でじゃれ合う姿、母親とのやりとり、みんなから愛されていますね。
中傷必罰(ちゅうしょうひつばつ)【信賞必罰】
ネット上の悪質な誹謗中傷により、尊い命を自ら絶ってしまったという悲しいニュースも流れました。その対処のために、法令の改正や厳罰化が検討されました。
幼老介護(ようろうかいご)【老老介護】
かつて、「老老介護」という言葉が生まれ、現在にも続く社会問題ですが、新たに「ヤングケアラー」と呼ばれる、介護などを日常的に行っている、子どもの問題が表面化しました。

守破離(しゅはり)

◆守破離(しゅはり)
●本日は、武道や芸能など世界で良く使われる「守破離」という言葉を紹介します。●「守破離」の【守】は、武道等における最初の段階の心構えです。指導者(師)からの話や助言対しては真摯な態度で耳を傾け、そして指導者の行動を見習ってそれを真似し、指導者の価値観を自分のものにしていくことです。すべてを習得できたと感じるまでは、指導者の指導の通りの行動することを意味しています。●「守破離」の【破】は、師と仰ぐ指導のすべてを習得できたと感じた後の次の段階で、指導者から学んだことから一歩踏み出して、自ら積極的にその助言や指導を破る行為のことです。師の教えという殻を破り、自分独自に工夫して、指導者の話になかった方法などを試してみる行為を意味しています。●「守破離」の【離】は、武道等における最終の段階の行為です。師(指導者)からの教えを基本としつつも、そのもとから自ら離れる決意とたゆまぬ努力により、自分自身で学んだ内容をさらに発展させることです。●つまり、先ずは憧れ(尊敬)の人の一挙手一投足を真似して、次に自分の独創性をそこに織り混ぜてみる、そして最後に自分独自の新しいものをつくっていくということになります●これは、別に武道や芸能の世界だけの話ではなく、どんな世界でも通用し、応用できる考え方だと感じています。
●私はかつて、明治大学の野球部で活躍したある知人から、次のような話をされたことがあります。●「俺は、バッターボックスに入るときには、篠塚(巨人軍で活躍した篠塚利夫選手)の真似をするんだ、ベンチからネクストバッターサークル、そしてバッターボックスまで、篠塚の動きをすべて真似をする。歩数も同じ、第一歩は左足からだ。素振りの回数も、その仕草も同じだ。」●彼が明治野球部の中心選手として活躍できた原動力が、実はここにあったのだと、「守破離」という言葉を思い描きながら感じたことを記憶しています。●またその当時、若者を中心に一世風靡したミュージシャン布袋寅泰(元BOΦWY)さんは、「好きな人の音楽をいろいろ取り入れて、自分の音楽を作っているわけだから、オレの音楽が一番好きなのはあたりまえだ」と語っていました。●まさに「守破離」を体現しきった人の言葉です。●声優としてルパン三世の声をやっていた栗田貫一さんも、最初はただの物真似でしたが、最後には本物となったと感じているのは、私だけではないと思います。●物真似も突き抜けると本物になりますから。
私たちが何かを体得したい、あるいは夢や希望を叶えたいと考えたとき、この「守破離」という考え方も一つのヒントとなるのではないでしょうか。●女優になりたいと思ったら、とにかく憧れの女優の真似をする。それも徹底的にする。「守破離」の【守】です。●そして1年くらい真似をし続けると、だんだんとその意味、内容が理解できてくる。他の気になる女優の仕草にも目を向けてみる。そこで新たな情報を取り入れながら自分の独創性を織り交ぜてみる。「守破離」の【破】です。●そして最後に自分の独自性を前面に出していく。「守破離」の【離】です。
●「武道の稽古は礼に始まり礼に終わる」と礼の精神が強調されているように、「武道」には、その技や動作の奥に礼や和の精神があります。この「武道の精神」を踏まえつつ、「守破離」という考え方を日常生活にも生かす、応用してみてはいかがでしょうか。

「礼儀(作法)」、そして「マナー」と「しきたり」

◆「礼儀(作法)」、そして「マナー」と「しきたり」
●時代とともに社会情勢は変化し、新たな「もの」が生み出され、求めるもの、大切だと感じるもの、つまり私たちの価値観は変わってきています。それも多様化してきています。●しかしながら、人と人との関係性や付き合いは、多少の変化はあっても、その根幹は今も昔も大きく変わってはいません。●過日、日本における「礼儀」について、「自分のできる範囲で、同じ空間にいる人同士が互いに心地よく過ごそう」という「心」であると紹介いたしました。●最近、「礼儀」と「マナー」と「しきたり」の違いについて書かれた本を読む機会がありましたので、本日は、その違いに簡単に触れながら新渡戸稲造さんの言葉を紹介しながら、礼儀における「心」に「マナー」という心遣いがどう関わっているのか、私が感じたことを紹介します。
●「礼儀」とは立ち振る舞いを含めた行動様式のことで、訓練によって身に付けるものだそうです。このことから「礼儀」には「作法」という言葉が当てはまります。●「しきたり」とは、季節感や節目を大事にする心「お正月」や「桃の節句」、「還暦の祝い」などの祝いをする行為)のことで、そういった年中行事は日々の暮らしを豊か(心)にするそうです。したがって「しきたり」には「彩り」という言葉が似合うのです。●「マナー」とは、互いが気持ちの良い空間を作るための行為で、相手を慮(おもんぱか)る気持ちと書かれていました。「マナー」には「利他の精神」という言葉がぴったりです。●もともと、「礼儀」と「マナー」と「しきたり」には、このような違いがあったようですが、日本のおける「礼儀(作法)」が、現在に通じる「心」、つまり「マナー」の意味合いを含めた「形」として変遷していった経緯については、過日、紹介したとおりです。●新渡戸稲造さんは、その著書『武士道』で、自分を大切にするように家族や友達、社会の仲間を大切に思う、思いやりの心として「礼儀の最高の姿は愛(マナー)である」という意味の言葉を述べています。●そして、そのことを「マナーは愛」という言葉で端的に表現、「真の礼儀とは、相手に対する思いやりの心、それが他に現れたもの」であるという趣旨のことを述べています。●過日、紹介した、小笠原流礼法・宗家の小笠原敬承斎さんのエピソード(葬式)にも通じます。
●改めて「礼儀(作法)」を考えたとき、先ず基本となることは、相手が嫌だと思うことを相手の気持ちになって考え、その「心(マナー)」を「形」にすること。●改まった儀式では、式の荘厳さ、厳粛さを現す「型」としての「心(マナー)」があること。●初対面の人の場合は、相手がどういう考えを持っているのかが分からないので、先人たちが今に伝えてきた「(礼儀)作法」に則ることで、相手が不愉快な思いをしないための「形」としての「心(マナー)」があること。●その「作法」を知ることは、TPO(時、場所、目的など)に応じた、自分の所作や言葉、服装などの規準を持つことになり、相手を気遣う余裕が生まれること
●「礼儀作法」という、先人たちが培ってきた生活の知恵、規準を身に付けることは、時代が変わっても人間同士がよくあるために大切なことだと改めて感じます。●なぜなら、「礼儀(作法)」とは、「自分のできる範囲で、同じ空間にいる人同士が互いに心地よく過ごそう」という「心」なのですから。

瀬戸内寂聴さんの言葉

◆瀬戸内寂聴さんの言葉

●昨日の報道で、瀬戸内寂聴さんの訃報を知りました。●瀬戸内寂聴さんの豊かな人生経験を土台にした、ユーモアと含蓄含む法話を拝聴することができなくなったという残念な思い同時に、白寿の大往生であったなと感じました。●瀬戸内寂聴さんは、若くして結婚し長女を出産するも夫の知人への恋心から出奔することを始め恋多き人生を歩まれたこと、●作家として女流文学賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞を受賞する活躍をしたこと、●51歳の時に中尊寺で得度し、法話を出家者の義務と考え、京都・嵯峨野に結んだ寂庵で法話の会を開催していたこと。その法話は、日本ばかりか海外からも聴聞客が多く訪れていたことなどをご存知の皆様を多いだろうと思います。●本日は、瀬戸内寂聴さんへの哀悼を込め、代表的な言葉をいくつかご紹介します。

◆怖がらないでね、人を愛した方がいいですよ。
 やっぱり人は人を愛するために生まれてきたような気がします。だからあんまり選り好みしないで、愛した方がいいです。身を守って誰も愛さないでね、怪我もない代わりに、死んで泣くほどの人も誰もいなかったなんて、そんな一生も寂しいですよね。素敵な人だと思って愛したら間違っていて、つまらない人だったってこともあります。その時はもうさっさと別れたらいいんです(笑)。

◆言いたいことを言いなさい。
 嫁にも姑にも亭主にも。言いたいことを言った方が胸がすっとします。穴掘ってでも言った方がいい(笑)。それが健康法の一つです。

◆“和顔施(わがんせ)”といって、笑顔もお布施になるんです。
 物をあげる“物施”や、人に親切にする“心施”というお布施もありますが、なかなかできませんね。でも和顔施ぐらいはできるわよ。人に会ったらにっこりすればいいんですからね。

◆出会いというもの、縁というものはね、生きてる時に大切にしなきゃだめですよ。
 明日はあなたが死んでるかもしれない、相手が死ぬかもしれない。だから、今日好きだと思ったら、今日言ってくださいね。

◆もう済んだことは、忘れましょう。
 私たちは「忘却」という能力を生まれた時から与えられているんですね。日にちが経てば、どんな嫌なことも辛いことも自然に薄らぎ、忘れることができます。だから人間は生きていかれるんですよ。

◆何か物事を始める時は、「これは必ず成功する」というプラスイメージを持ってください。
 絶対に幸せになるぞっていう夢を描けば、本当にそうなるのよ。私が初めて歌舞伎の脚本を書いた時ね、もし失敗してしまったら、せっかく今まで80年もかけて築いてきたものがすべて崩れますからね、とても怖いことなんだけど、そうは考えないの。必ずできると思ってね、歌舞伎座の三階席まで満員のお客様が、ワーって手を叩いてるところをイメージするんですよ。そうしたらその通りになったの。

◆笑顔を忘れないでくださいね。
 憂うつな悲しそうな顔をしてると、悲しいことが寄ってきます。いつも朗らかに明るくしていれば、いいことが寄ってくるんですよ。生きていれば、悲しいことも苦しいことも、腹の立つことも起こります。その度に姿勢を悪くしてしまったら、悲しいことや苦しいことがもっともっと重くなるんです。ですから、「負けるものか」と上を向いて、気持ちを前向きにしていればね、自然とまたいいことが起こるんです。

◆自分の身の丈にあった望みをいだくことですね。そうすれば欲求不満にならない。
 私たちはそれを忘れて、到底自分の手に入らないものを欲しがるんですね。小さな欲望でも満足することがあれば幸せなんですから、そのことに感謝してください。

◆人間は、幸せになるためにこの世に送り出されてきたのだと思います。そして幸せとは自分だけが満ち足りることではなくて、自分以外の誰かを幸せにすることだと考えてください。
 自分自身の可能性をできるだけ大きく切り開いて生きること、これもひとつの幸せです。しかし、あなたがこの世に生きて送り出されたのは、誰かを幸せにするためなんですよ。自分の命は誰かの役に立つためにあるのだと考えれば、この世はむなしいという気持ちもなくなるでしょう。

◆やっぱり自分が楽しくないと、生きててもつまらないですよ。だから何でもいいから、自分のために喜びを見つけなさい。そうすると生きることが楽しくなりますよ。
 苦しい苦しい、辛い辛いばかりじゃあ、生きがいがないですからね。喜びを見つけてくださいね。内緒の喜びの方が楽しいですね。楽しくないとつまらないじゃないの。もうどうせ死ぬんですからね、あなたたちも死ぬのよ、やがてね(笑)。だから生きてる間は全力を尽くして生きましょう。

ちょっと一息(お勧めのミステリー)

◆ちょっと一息(お勧めのミステリー)

著書名:『オリンピックの身代金』 作者名:奥田英朗


●本日紹介するのは、奥田英朗さんが著した『オリンピックの身代金』です。●爆弾魔と呼ばれた草加次郞がモデルとなっているミステリー小説です。●2段組で、読み応えはありますが、事件当日の緊張、刑事部のチーム感、刑事部と公安の対立、そして島崎国男(主人公:犯人)という哀愁ある人物像への共感といった、読みどころが満載です。●また高度経済成長時代へと向かう東京の姿、初めてトーストの朝食を食べる場面など、時代のディテールもふんだんに差し込まれた、骨太な社会派ミステリー小説です。●本書と併せて、「吉展ちゃん誘拐事件」をモデルとした『罪の轍』も是非おすすめです。
●『オリンピックの身代金』の大筋は、1964年(昭和39年)、オリンピックを成功させることで、戦後日本における復興の姿を世界に是が非でも示そうとする国家と、そのオリンピックの開催を阻もうとする若きテロリスト(島崎国男:東北地方出身)との攻防戦が、時間軸を行きつ戻りつしながら56章(日付け)によって描かれています。●「いったいオリンピックの開催が決まってから、東京でどれだけの人夫が死んだのか。ビルの建設現場で、橋や道路の工事で、次々と犠牲者を出していった。新幹線の工事を入れれば数百人に上がるだろう。それは東京を近代都市として取り繕うための、地方が差し出した生贄だ。」と島崎国男は憤ります。●戦後日本の繁栄、特に都会のめまぐるしい発展は、地方から出てきた労働者の支えに他なりません。●だからこそ、島崎国男は、「我々は永遠に奪われるだけの人生を過ごすわけにはいかない。搾取するばかりの資本側と、安い対価と引き換えに労働力を差し出すしかない声なき人々という関係を打破するのだ。」という思いに至るのです。そんな敵意がやがて、東京オリンピック阻止へと集約されていくという物語です。●犯人(島崎国男)が提示されているので謎解きの要素はありません。しかしそれでも最後まで読み手の心を捕らえて離さないのは、島崎国男という男の背景や島崎が自分と関わる人物に影響を受ける心理描写が丹念に描き込まれることで、島崎国男がなぜ犯罪に向かい、どんな手法で事を進めようとしたのか、そのミステリアスな動機一点に内容が凝縮されているからです。●そう意味での異質なミステリー小説です。
●この小説の魅力は他にもあります。昭和39年当時の東京が実によく活写されているのです。●高くそびえ立つ東京タワー、ぐるりと張り巡らされた首都高速道路、オリンピックに照準を合わせて進められた代々木体育館武道館そして東海道新幹線の完成、旧財閥の解体とそれに伴う公団住宅の建設ラッシュなど、正に高度成長時代の到来を告げています。●銀座を闊歩するみゆき族、ラジオから流れてくるビートルズのロック・サウンド、新しい時代への幕開けに満ち溢れています。●しかしその一方で、ヒロポンを打つしかない労働者の過酷な日々、朝鮮人の裏社会、東京湾岸地区(品川や大森)埠頭の光景、漁業の衰退など、新しいものに向かって闇雲に走り続ける人、その駒にされる人、流れに取り残される人、生き延びる人、死んで行く人、忘れられていく人。●戦後復興五輪開催前の当時の政治状況や大衆の空気感も丹念に描写され、当時の東京風土を知る、一種の歴史小説としても楽しめるのです。
●東京オリンピック開会前の3ヶ月ほどの期間を描いた本作品。東京で起こる隠された攻防戦が、スピード感あふれる緊迫の中で展開されていきます。そして読後感として未来への希望という心地良さを醸成できる秀逸作品ですので機会がありましたら是非、一読してみてはいかがでしょう。